searchカテゴリー選択
chevron_left

「ニュース」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

ニュースブログ トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

続きを見る

  • 卓球

    卓球

    卓球(たっきゅう)は、スポーツの一つである。競技者は卓球台を挟んで向かい合い、セルロイド製のボール1個を相手コートにむかって打ち合って得点を競う。競技は、シングルス、ダブルス、団体の3つに分けられる。 競技人口の多さは世界有数であり、メジャースポーツの一つといえる。 日本では温泉旅館の遊戯場で浴衣姿でするというイメージが付いてしまっているが、動体視力と反射能力、高い瞬発力や持久力が必要であり、技術面・フィジカル面ともに総合的な実力が必要である。ただ、初・中級レベルだと身体能力よりも技術面の比重が上回り、「身体能力・体力が無くても勝てる」という側面や印象があることも否めない。逆に言うとどんなに身体能力があっても技術がなければならず、絶対的練習量(上級までの)は他のスポーツと比しても多いであろう(上位選手が低年齢から始めた人が多く、上位選手に遅く始めた人があまりいないのはその表れ)。しかしながら上級レベルの卓球はスポーツの中でも比較的身体能力を要求される競技であり、非常に体力を必要とする。

    テーマ投稿数 24件

    参加メンバー 11人

  • 体操競技

    体操競技

    体操競技(たいそうきょうぎ)は、男子は、ゆか、あん馬、つり輪、跳馬、平行棒、鉄棒の6種目、女子は、跳馬、段違い平行棒、平均台、ゆかの4種目があり、技の難易度、美しさ、雄大さ、安定性などを基準に採点が行われ、その得点を競うスポーツである。 なお、ここの述べるルールはFIG(国際体操連盟)国際大会のルールであり、各地で開催される大会にはジュニアルールなど、多くのローカルルールも存在するが基本的には同じものである。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 13人

  • 柔道

    柔道

    柔道(じゅうどう)は、明治15年に嘉納治五郎が講道館において創始した武道であり、格闘技、スポーツ、武術にも分類される。正式名称を日本伝講道館柔道という[1]。 「精力善用」「自他共栄」を基本理念とし、「柔能く剛を制し、剛能く柔を断つ」を真髄とする。単なる勝利至上主義ではなく、精神鍛錬を目的としている。 学校教育において1898年に旧制中学校の課外授業に柔術が導入された際、柔道も、必修の正課になった。連合国軍最高司令官総司令部により学校で柔道の教授が禁止された以降武道は禁止されたが、昭和25年(1950年)に文部省の新制中学校の選択教材に柔道が選ばれた。昭和28年(1958年)の中学学習指導要領で、相撲、剣道、柔道などの武道が格技という名称で正課授業が行われた。平成元年(1989年)の新学習指導要領で格技から武道に名称が戻された。殆どの学校が柔道場を有する。剣道や空手道と並び、日本で最も広く行われている武道の一つ。 競技も行われており国際競技団体は国際柔道連盟、日本の国内競技団体は全日本柔道連盟である。

    テーマ投稿数 216件

    参加メンバー 29人

  • レスリング

    レスリング

    レスリングは、ヨーロッパが発祥の格闘技。徒手で組み合い、投げるなどで相手を倒すことを主眼とする。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 9人

  • 世界記録

    世界記録

    世界記録(せかいきろく)とは、世界で一番の記録である。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • M&A

    M&A

    M&A(Mergers and Acquisitions、(合併と買収)の略、エムアンドエー、エムエー)とは企業の合併・買収を総称して言う。他の企業を取得しようとする際には買収者やその子会社などに吸収合併させるほか、買収先企業の株式を買収して子会社化する手段が用いられることからおよそ企業の取得という効果に着目して合併と取得を総称するものである。 M&Aは新規事業や市場への参入、企業グループの再編、業務提携、経営が不振な企業の救済などを目的として実施される。広義には包括的な業務提携やOEM提携なども含まれる。 日本法上の概念としては企業合併・会社分割・株式交換・株式移転・株式公開買付などの法的要素が核となるがこれらの各要素は対象企業のコントロールを得る手段として捉えられ、M&Aという場合には利用する手段のデザインを含めた企業戦略を把握する概念として用いられることが多い。

    テーマ投稿数 21件

    参加メンバー 11人

  • 南オセチア紛争 (2008年)

    南オセチア紛争 (2008年)

    2008年の南オセチア紛争は、グルジア軍と、親ロシアの南オセチア分離主義者によって大規模な戦闘があった後、2008年8月に始まった。停戦合意後、グルジアから分離独立を求め国際的には独立国と承認されていない地域である南オセチアの首都、ツヒンワリを掌握するため、グルジアが奇襲攻撃を開始。 ロシアがこれに反応し、翌8日には国境を越えて南オセチアへ侵攻、戦車や野戦砲など地上部隊をツヒンワリに進軍させ(参照:ツヒンワリでの戦闘 (Battle of Tskhinvali) )、両国による戦闘が本格化した。 ロシア大統領ドミトリー・メドヴェージェフは、ロシア連邦軍の進軍に関し、南オセチアにおけるロシア国籍を持つ民間人を保護するためであると説明した。グルジア大統領 (President of Georgia) ミヘイル・サアカシュヴィリは、グルジアはロシアの侵略に対し防衛を行っているだけである、またロシア軍がグルジアの民間人に対して爆撃を行っていると述べた。 これらの戦闘と並行して、ロシア国内からグルジア大統領府や主要テレビ局のウェブサイトへのサイバー攻撃も確認された。なお、ロシア政府は関与を否定している。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 侵攻

    侵攻

    侵攻(しんこう、invasion)とはある国家・武装勢力が別の国家・武装勢力に対して攻撃を仕掛けてその領土を侵す行為。 侵略(aggression)とは異なり、必ずしも主権や政治的独立を侵すこととは限らない。例えば、相手の独立を認めた上での軍事介入などは侵攻ではあるが、侵略とは呼びがたい場合もある。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 3人

  • 侵略

    侵略

    侵略(しんりゃく、aggression)は、ある国家・武装勢力が別の国家・武装勢力に対して、自衛ではなく、一方的にその主権・領土や独立を侵すこと。攻撃して攻め入る侵攻(invasion)と異なり、相手の主権・政治的独立を奪う行為のことである。また、そのために武力を行使して争うことを侵略戦争と言う。1974年12月14日の国連総会決議3314により現代国際法上の侵略の定義が初めて定まった。しかしながら、国連総会で侵略の定義についての一応の合意があったことは事実ではあるが、なお、その解釈や有効性については争いがあり、国際法学者の中でも、侵略の定義について過大な期待は禁物であるとする見解がある。 なお一般的には、たとえ主権・領土・独立を侵したとしても、その国の危険な政策を改めるためになされる場合は、それが一時的であり、相手に発言の機会を与え、目的の達成後に独立させるときに限り侵略とはみなされない。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • 戦争は何故?起こるの?

    戦争は何故?起こるの?

    一応政府見解を踏襲し〜自衛のための武力行使は良しとするが〜侵略と自衛の線引きは必ずしも明確でない。なぜなら、自国の防衛のためには、他国国家を侵略するのが最も効果的だからである。しかしその「自衛」戦争を突き詰めていけば、同じく自衛を主張する他の膨張国家との衝突は免れない。ベトナム戦争などが好例である。 したがって現在では、自国領土に限定した武力行為を自衛戦争、他国領土に武力を展開する行為を侵略戦争と呼ぶことが国際的に一般的であるが、国連平和維持活動などをかんがみれば、人道のためならば、後者は侵略とは呼ばれない慣習ができつつある。

    テーマ投稿数 74件

    参加メンバー 10人

続きを見る

続きを見る

続きを見る