searchカテゴリー選択
chevron_left

「ニュース」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

気になるニュース トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • チャイナショック

    チャイナショック

    チャイナショックとは、中国(中華人民共和国)及び中国人に端を発し、人々を震撼させる事件や事象のことである。主に中国でしか通用しないような常識が外国まで波及した時などに使用される。このチャイナショックは政治・経済・軍事など多岐にわたる。近年話題となったチャイナショックとしては2008年に起こった中国製食品の中毒問題がある。中国では外国メディアを受け入れない場合があり、消費者が知りたい情報が手に入らないケースもあり、チャイナショック拡大に拍車をかける。このような中国側の対応によって、中国製食品の中毒問題の場合には消費者の中国製食品離れがすすみ、その後中国産野菜の輸入が激減した。しかしながら日本の場合、中国製品への依存度が高い分野が多く、チャイナショックは日本の安全保障に直結するので、チャイナプラスワンまたは中国以外での生産を加速させようという意見もある。また、中国との連携を強化してチャイナリスクを軽減し、チャイナショックが起こらないようにさせようという意見もある。

    テーマ投稿数 18件

    参加メンバー 6人

  • 愛国無罪(中国語)

    愛国無罪(中国語)

    愛国無罪(あいこくむざい、爱国无罪)は「国を愛することから行われる蛮行に罪はない」を意味する中国語の言葉。主として中国における反政府運動の際に用いられてきた言葉だが、2005年4月に中華人民共和国で起きた反日デモで大々的に掲げられて日本で注目された。 もともとは1936年の救国入獄運動(5月に宋慶齢らにより結成された全国各界救国联合会の幹部が国民政府に逮捕された事件)の際に用いられたスローガン「愛国無罪、救国入獄」が発祥とされる。五四運動や天安門事件などでこの言葉が使われたとされている。 2005年の中国における反日活動では「抗日有理、愛国無罪」とのスローガンが掲げられた。天安門事件以降反日教育が強化され、現在ではもっぱら反日デモにだけ通用するスローガンとも言われているが、一方で本質はやはり反政府運動であると指摘する声も強い。また、文化大革命時のスローガン「造反有理、革命無罪」との関連もあげられる。 昨今の中国国内の反日デモでの犯罪行為については「愛国無罪」のスローガンを無視できない中国政府のジレンマもあるとされる。しかし、結局は日本政府の抗議に応じた中国政府が反日デモを厳しく取り締まった為、その後は過激なデモが発生しなくなった。

    テーマ投稿数 59件

    参加メンバー 14人

  • ☆○Oo日本プロ野球oO○☆

    ☆○Oo日本プロ野球oO○☆

    日本プロ野球に関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックしてください。

    テーマ投稿数 4,115件

    参加メンバー 161人

  • オールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲームとは日本プロ野球の対抗試合である。毎年7月に行われ、監督推薦やプロ野球ファンによる投票で選抜された選手が出場する。球宴(きゅうえん)とも呼ばれる。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 2人

  • 自衛権

    自衛権

    自衛権(じえいけん)とは、急迫不正の侵害を排除するために、武力をもって必要な行為を行う国際法上の権利。国内法上の正当防衛権に対比される。他国に対する侵害を排除するための行為を行う権利を集団的自衛権といい、自国に対する侵害を排除するための行為を行う権利である個別的自衛権と区別する。

    テーマ投稿数 42件

    参加メンバー 7人

  • 日本国憲法第9条

    日本国憲法第9条

    日本国憲法 第9条(にっぽんこくけんぽうだい9じょう)は、日本国憲法の条文の1つであり、三大原則の1つである平和主義を規定する。この条文だけで憲法の第2章を構成する。この条文は「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」の3つの要素から構成される。日本国憲法を「平和憲法」と呼ぶのは、憲法前文の記述およびこの第9条の存在に由来している。また、1928年に締結された戦争放棄に関する条約、いわゆるパリ不戦条約の第1条と、日本国憲法第9条第1項は文言が類似している。

    テーマ投稿数 235件

    参加メンバー 26人

  • 九条の会

    九条の会

    九条の会(きゅうじょうのかい)とは、日本の護憲派知識人・文化人らで構成されるグループ。2004年6月に結成された。憲法改正論議が活発化している日本社会の現状を「太平洋戦争で悲惨な経験をし、またアジア諸国に多大の惨禍を及ぼしたにも拘らず、対米従属で改憲し、再び“戦争の出来る国”になろうとしている」と主張し、“不戦を誓った日本国憲法第9条を変えるな、変えさせるな”と呼びかけている。 中心となる「呼びかけ人」に、この種の運動で多く見られる左翼的あるいは自由主義的人物だけでなく、一般に右派と見られているような人物も含まれていることは特徴的である。 また、会の呼びかけに応じて、各地各界に、自発的な賛同組織「○○九条の会」や「九条の会○○」等が結成されており、これらの数は5000を超える。 九条の会自体は政党から独立した超党派的活動と自らを位置付けているが、社民党・共産党・新社会党といったいわゆる護憲派政党の側から、この運動に協力しようとする傾向が見られる。

    テーマ投稿数 364件

    参加メンバー 39人

  • 公開処刑

    公開処刑

    公開処刑(こうかいしょけい)とは、見せしめの為に公開で行われる処刑である。さらし台のように、公開されることそのものが罰となる場合もある。前近代社会では、見せしめ効果を狙って、処刑が公開されるのは普通のことであった。ただし現実には単なる民衆の娯楽として機能していたようである。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 聖火

    聖火

    オリンピック聖火(オリンピックせいか、英:Olympic Flame、仏:Flamme olympique)は、国際オリンピック委員会の権限の元、ギリシャのオリンピアでともされる火のことであり、オリンピックの象徴である。オリンピック大会開催期間中、主競技場でともされ続ける。その起源は古代ギリシア時代に遡り、ギリシア神話に登場するプロメテウスがゼウスの元から火を盗んで人類に伝えたことを記念して、古代オリンピックの開催期間中にともされていた。聖火は、1928年のアムステルダムオリンピックで再び導入されて以来、近代オリンピックの一部であり続けている。現在の聖火リレーは、1936年に開催されたベルリンオリンピックで、ナチスによって導入された。

    テーマ投稿数 303件

    参加メンバー 26人

  • オリンピック宣誓

    オリンピック宣誓

    オリンピック宣誓は近代オリンピック大会において、すべての関係者が誓う宣誓である。 オリンピック大会の開会式で行われる。選手宣誓者は、五輪旗の一端を握りながら宣誓するのが慣例となっている。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

続きを見る

続きを見る

続きを見る