TOPICS

続きを見る

  • からっ風

    からっ風

    からっ風(からっかぜ)とは、主に山を越えて吹きつける下降気流のことを指す。 山を越える際に温度、気圧ともに下がることで空気中の水蒸気が雨や雪となって山に降るため、山を越えてきた風は乾燥した状態となる。 「上州のからっ風」(群馬県。赤城おろしとも)、「遠州のからっ風」(静岡県西部)などが有名である。 【影響】 ・強風により看板が飛ばされるなどの被害がある。 ・空気の対流により冷え込みが抑えられるため、周辺に比べて降積雪の量が少なくなる。ただし強風による体感温度の低下がある。 【利活用】 ・強風を利用して、風力発電などが行われる。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 6人

  • 国際金融の諸問題

    国際金融の諸問題

    G7(ジーセブン、英:Group of Seven、先進7ヶ国)は、日本・アメリカ・イギリス・イタリア・カナダ・ドイツ・フランスの7つの先進国のことである。 1986年にイタリアとカナダが加わる以前は、米・英・西独・日・仏の5ヶ国が参加するG5 (ジーファイブ) と呼ばれていた。G7と欧州連合によりサミットが開かれているが、これにロシア連邦が参加するようになり、1998年よりG8となった。 なお、国際通貨基金の国際通貨金融委員会(IMFC)や総会の際に併せて開かれる、これら7ヶ国の財務大臣・中央銀行総裁による国際会議のことを指すこともある。この会議では、国際的な経済・金融問題について話し合われる。 ちなみに、カナダ以外の6ヶ国はかつての列強にあたる。 G20の時代〜BRICS〜インド、ブラジルなどの新興経済大国が発言権を増す中G8の役割は終わったと言われています。

    テーマ投稿数 52件

    参加メンバー 19人

  • 主要国首脳会議

    主要国首脳会議

    主要国首脳会議(しゅようこくしゅのうかいぎ、英:Group of Eight)とは、フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、日本、イタリア、カナダ、ロシアの8ヶ国及びその年のEU議長国の首脳及びEU委員長が、年1回集まり、国際的な経済的、政治的課題について討議する会議。(その他の国の首脳や国際機関の代表も例外的に出席) 合わせて、数多くの下部会議や政策検討もある。G8(ジーエイト)、主要8ヶ国首脳会議とも呼称される。一般には「サミット」と呼ばれることが多い。 ロシア参加前は先進国首脳会議、G7(ジーセブン)、先進7ヶ国首脳会議と呼ばれていた。

    テーマ投稿数 64件

    参加メンバー 15人

  • 日テレ

    日テレ

    日本テレビ(日テレ,NTV)に関する話題をまとめ。女子アナウンサー、ドラマ、アニメ、笑点、鉄腕DASH、イッテQ、しゃべくり007、有吉反省会、ヤラセ番組、放送事故、偏向報道など。

    テーマ投稿数 181件

    参加メンバー 51人

  • フジテレビ

    フジテレビ

    フジテレビ系(FNN、関西テレビ等)に関する、IR情報、ニュース、局アナウンサー、テレビ番組、バラエティ、ドラマ、出演者の話題をお気軽にトラックバックしてください。

    テーマ投稿数 227件

    参加メンバー 59人

  • テレ朝

    テレ朝

    テレビ朝日(朝日放送、BS朝日etc)に関する話題をまとめ。女子アナウンサー、ドラマ、アニメ、アメトーーク!、Mステ、報ステ、朝生、ヤラセ、セクハラ、偏向報道など。

    テーマ投稿数 130件

    参加メンバー 26人

  • テレビ東京(TX)

    テレビ東京(TX)

    株式会社テレビ東京(テレビとうきょう、英称:TV TOKYO Corporation、東証:9411)は、関東広域圏を放送対象地域とする放送局である。通称はテレ東(テレとう)。コールサインのJOTX-TVからTX[1]と略称する事や、旧局名・アナログ放送のチャンネルから12チャンネルなどと略する場合もある。 親局(アナログ放送波)の周波数帯がVHFの放送局としては当局が日本国内で最後に開局した放送局であり、これ以降開局した国内の民放テレビ局はすべて親局がUHF帯で放送している。

    テーマ投稿数 47件

    参加メンバー 20人

  • 日教組

    日教組

    日本の教育を支配する人々・・・民主党支持母体。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 1人

  • 道路特定財源制度

    道路特定財源制度

    道路特定財源制度(どうろとくていざいげんせいど)とは、自動車の利用者が道路の維持・整備費を負担する、受益者負担の原則に基づく、日本の制度。

    テーマ投稿数 10件

    参加メンバー 7人

  • 租税特別措置法

    租税特別措置法

    租税特別措置法(そぜいとくべつそちほう;昭和32年3月31日法律第26号)は、国税に関する特例を定めた法律である。 所得税法、法人税法、相続税法、地価税法、登録免許税法、消費税法、酒税法、たばこ税法、揮発油税法、地方道路税法、石油石炭税法、航空機燃料税法、自動車重量税法及び印紙税法に対する特別法に位置付けることができるとともに、国税通則法において規定される利子税等の割合に関しても特例を置いている。 租税特別措置法の各規定は、概ね非常に長文である。例えば、同法55条(海外投資等損失準備金)は27項に渡り、更に同条に対応する政令(租税特別措置法施行令33条の2)は25項、規則(租税特別措置法施行規則21条)は9項に及ぶ。また、同法は毎年のように改正され、制度の改正、廃止、新設が頻繁である。これらのことが税金に関する法規が難解とされる一つの原因となっている。

    テーマ投稿数 27件

    参加メンバー 10人

続きを見る

続きを見る

続きを見る