TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

明るいニュース トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • バレーボール・ワールドグランプリ

    バレーボール・ワールドグランプリ

    バレーボール・ワールドグランプリ (Volleyball World Grand Prix) は、国際バレーボール連盟主催の女子ナショナルチームによる国際公式戦である。 男子部門大会であるワールドリーグを参考として1993年に創設された大会であり、女子バレーボール選手の国際経験の充実化と、テレビ放送によるバレーボールの普及・振興を目的としている。毎年夏季(7月から8月ごろ)に世界のバレーボール強豪12チームが参加して主にアジア地区を会場に試合が行われる。 2006年大会の賞金総額は143万5000ドルで、賞金は予選ラウンドにおいても各週のグループごとの成績に応じて支払われる。

    テーマ投稿数 62件

    参加メンバー 8人

  • バレーボール・ワールドリーグ

    バレーボール・ワールドリーグ

    バレーボール・ワールドリーグは、国際バレーボール連盟公認の男子ナショナルチームによる国際リーグ大会である。1990年に開幕し、世界各大陸を代表する強豪が参加。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • バレーボールワールドカップ

    バレーボールワールドカップ

    バレーボールワールドカップは、国際バレーボール連盟(FIVB)が主催するバレーボールの世界大会である。正式名称は“FIVB World Cup”。1965年に第1回大会が開催され、1977年以降は4年に1度日本で開催されている。大会マスコットはバボちゃんで、大会ロゴマーク、放送権を独占するフジテレビにおけるバレーボール放送のマスコットも兼ねている。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 1人

  • バレーボール世界選手権

    バレーボール世界選手権

    バレーボール世界選手権(バレーボールせかいせんしゅけん、FIVB Volleyball World Championship)は、国際バレーボール連盟が主催するバレーボールの世界大会である。国際バレーボール連盟が初めて作ったバレーボールの世界大会であり最も伝統のある大会である。 通称「世界バレー」または「世バレ」。全てのスポーツにある「世界選手権大会」の一つ。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 1人

  • バレーボール競技 (夏季オリンピック)

    バレーボール競技 (夏季オリンピック)

    夏季オリンピック大会におけるバレーボール競技(―きょうぎ)は国際バレーボール連盟主催の3大公式戦の一つである。1964年の東京オリンピックで正式種目となった。1996年アトランタ五輪からビーチバレーも種目に加わった。

    テーマ投稿数 30件

    参加メンバー 6人

  • 北京オリンピックにおける野球競技

    北京オリンピックにおける野球競技

    北京オリンピックにおける野球競技は、2008年8月13日から8月23日にかけて、北京オリンピックで実施される野球競技である。開催会場は、北京市にある五棵松野球場にて行なわれる。 野球は2012年ロンドンオリンピックの正式種目から除外されたため、以後のオリンピックで復活しなければ北京が最後の実施となる。

    テーマ投稿数 33件

    参加メンバー 12人

  • 通り魔事件

    通り魔事件

    通り魔(とおりま)とは自己快楽ないし「社会に対する復讐」(逆恨み)のため、面識のない他人を殺傷する人のことを指す。また行きずりの暴行事件などを「通り魔的犯行」と呼ぶ場合もある。 写真は秋葉原連続通り魔事件の現場で祈る少女たち・・・卑劣な犯罪は許されない・・・。

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 6人

  • 軍事費

    軍事費

    軍事費(ぐんじひ、英:Military budget)は国防費、防衛費、防衛関係費とも呼ばれ、軍隊(時には準軍事組織を含む)の維持運用の経費や軍事施設の生活環境の整備、安全保障に関する会議の運営費などを含む軍事政策や軍事作戦に関する費用のことをいう。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 1人

  • 軍事力

    軍事力

    軍事力(ぐんじりょく、英:military strength, military power)とは国家が保有する物理的な強制力である。場合によっては武力とも呼ばれる。 軍事力とは、経済力、技術力、外交力などの総合的な国力に基づいた、その国の武装組織の一般的な能力を指す。具体的にその主体は国家の武装組織、すなわち軍隊、準軍事組織、警察などが担う。現代においても国力の重要な要素の一つであり、政治的な目的達成、死活的な国益の保護のための最終的な手段として現代でも重視されている。

    テーマ投稿数 34件

    参加メンバー 7人

  • サッカーオランダ代表

    サッカーオランダ代表

    サッカーオランダ代表(Nederlands voetbalelftal)は、オランダサッカー協会(KNVB)によって編成されるオランダのサッカーのナショナルチームである。 旧国旗の色とオランダ王家(オラニエ=ナッサウ家、かつてオランジュの領主だった)にちなんでユニフォームの色をオレンジとしており、世界的に「オレンジ軍団」という愛称で知られている。 オレンジという国旗にない色をチームカラーとする世界でもまれなナショナルチームであり、ほかの例としては日本やイタリアの青、ドイツの白がある。 世界的な強豪国として知られる。特に1974年W杯に参加したチームはリヌス・ミケルス監督の下、ヨハン・クライフを中心にトータルフットボールと呼ばれる戦術でサッカー界に革命を起こしたと言われる。しかし決勝では西ドイツに敗れた。 EURO88ではファン・バステン、フリット、ライカールトのいわゆるミラントリオを擁するチームで参加。準決勝で仇敵西ドイツを下し、決勝ソ連戦では今尚語り継がれるファン・バステンのボレーシュート等で勝利し優勝。これが現在に至るまでのオランダ代表の唯一の国際タイトルである。しかしこのチームでもイタリアW杯では勝てなかった。 フランスW杯では一部で大会一と絶賛される試合内容を見せたもののベスト4。地元開催となったEURO2000でも優勝候補に挙げられるもやはりベスト4に終わった。さらに日韓W杯では予選敗退の憂き目に遭い、ドイツW杯では決勝トーナメントに出場するものの一回戦でポルトガルに敗れ、ベスト16で終わった。(もともとポルトガルとは相性が悪い) このように多くの名選手を輩出しながら、ワールドカップ優勝に未だに縁が無い。それは攻撃的サッカーを志向するあまりの大一番での勝負弱さが原因、という説もある。 また、南米スリナム系をはじめとする黒人選手たちと白人選手との間の人種差別をはじめとして、チームとしてまとまりが薄く、他の強豪国がトーナメントを勝ちあがるにつれてチームが結束し、まとまっていくのに対し、オランダ代表は前評判こそ常に高いものの、トーナメントが進むにつれてそのチームが自壊していく姿が見られることが非常に多い。

    テーマ投稿数 38件

    参加メンバー 12人

続きを見る

続きを見る

続きを見る