TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

話題のニュース トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • 就職氷河期

    就職氷河期

    就職氷河期(しゅうしょくひょうがき)とは就職難の別名。

    テーマ投稿数 12件

    参加メンバー 3人

  • 就職難

    就職難

    就職難(しゅうしょくなん)は、就業希望者が正社員に就職することが難しい状況を言う。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 4人

  • 国籍法 (日本)

    国籍法 (日本)

    日本における国籍法(こくせきほう)とは、日本国憲法第10条の委任により、日本国民たる要件を定めるために制定された日本の法律である。1950年(昭和25年)5月4日に公布、同年7月1日に施行された。この法律の制定に伴い、それまでの(旧)国籍法(明治32年法律第66号)は廃止された。本則は第1条から第19条までで構成される。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 6人

  • 在日外国人の諸問題

    在日外国人の諸問題

    不法滞在(ふほうたいざい)は、一般に人が出入国関係法令(日本の場合は出入国管理及び難民認定法)に違反した状態で外国人(自らが国籍を有する以外の国)に滞在している状態をさす。

    テーマ投稿数 42件

    参加メンバー 13人

  • 交戦権

    交戦権

    交戦権(こうせんけん)という言葉は、日本国憲法で使われている日本語の単語である。 交戦権という言葉には、厳密な定義は存在しない。前述の通り日本国憲法をはじめとして用例はあり、「戦争を行う権利」あるいは「交戦国・交戦団体に対して認められる権利」という意味ではないかと推測されている。 日本国憲法では、日本国憲法第9条第2項後段において「国の交戦権は、これを認めない」という文脈で国のありようについて規定するために使われている。そのため、交戦権という権利の存在が自明のものと受け止められており、この文脈では「戦争を行う権利」とされている(その上で、日本国憲法はこの権利を認めないと宣言していると考えられている)。しかしながら実は、「交戦権」という言葉は国際法上ではほとんど用いられておらず、またその定義・内容についても明らかではない。また、諸外国では、「国が戦争を行う権利」という概念が、そもそもほとんど存在していない。日本国憲法における「交戦権」という言葉の意味や、その否定は、国際的には共通概念となってはいないといわざるを得ない。 「交戦権」を「交戦法規」と受け止める立場もある。この場合、日本は交戦権を認めないと宣言していることから、自衛隊は交戦規約が不明瞭であるということになる。米軍、英軍などの外国軍隊では、国や軍隊が戦争をすることがあるというのは当然の前提とされているので、交戦規定(ROE)が細かく規定されるのが原則だが、日本では「日本は戦争をしない」とされているため、この意味での交戦法規は定められていない。ただし、「交戦権=交戦法規」と受け止める立場については、日本国憲法の文脈上無理があると批判されている。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 4人

  • 違憲

    違憲

    違憲(いけん、unconstitutionality)とは、立憲主義の国家において、行為や法令などがその国の憲法に違反していることを指す。憲法違反とも。 すべて法令は憲法に違反してはならないのが原則となっている。ある法令がいかに合理的であっても、それが憲法に照らして違憲であれば、その法は原則無効とされる。 日本においては立憲主義を採用しているため、原則的に全ての法令は憲法に則ったもの必要がある。また日本国憲法第81条において、その法令が違憲か否かの最終判断を下すのは最高裁判所であるとされている。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 4人

  • 合憲

    合憲

    合憲(ごうけん、constitutionality)とは、その国・地域の法令や行為が、その国の憲法に違反していないこと。対義語は違憲。 立憲主義においては、全ての法令は合憲でなくてはならないとされている。 日本においては日本国憲法第81条において、最高裁判所がその最終判断を下すことが規定されている。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 5人

  • 部落問題

    部落問題

    部落問題(ぶらくもんだい)は、日本における差別問題のひとつである。江戸時代の穢多や非人など賎民身分を由来とする。居住地域が限定され、被差別身分化は罪人に対する刑罰のひとつでもあった。現代では世系差別と地域に対する差別を同和問題という。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 同和問題

    同和問題

    同和利権(どうわりけん)とは、被差別部落の環境改善対策として、巨額の予算が計上されてきた同和対策事業に関わる活動により、同和団体が政治家・役人・暴力団と結託し、公共事業に便乗して手に入れる、巨額の利権の総称として一部で流布されている言葉である。 本来の意味はこうした経済活動に関する詐欺・横領などの経済犯罪として成立する行為を指すが、広義での同和利権は、教育現場への同和教材の大量販売など、犯罪としては成立しない経済的利益に関する行動や、たとえば公務員の同和枠採用や同和加配など、経済行為を伴わない広い意味での同和団体の権力拡大行動も含めることがある。

    テーマ投稿数 33件

    参加メンバー 5人

  • 京都高1女子殺害事件

    京都高1女子殺害事件

    2008年5月、京都府舞鶴市の雑木林で家出中の高1女子を遺体で発見。死因は殴られたことによる失血死と判明。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

続きを見る

続きを見る