TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

今日のニュース トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • 募金詐欺

    募金詐欺

    募金詐欺(ぼきんさぎ)とは、詐欺の一形態。 ボランティアやチャリティー活動と称して街頭募金活動をする、戸別訪問して募金を募る、あるいはホームページを開設したり電子メールや葉書を送付して、ありもしない話をでっち上げたり、実在する有名な話題(天災など)に便乗したりして金品を詐取する行為。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 5人

  • 死刑存廃問題

    死刑存廃問題

    死刑存廃問題(しけいそんぱいもんだい)とは、死刑制度の是非に関する問題のことである。たとえば死刑制度を維持している国では刑罰の一つとして死刑を存続させる死刑存置論と死刑制度を廃止させるほうが適切であるとする死刑廃止論との議論である。前者の場合、現状維持派とみなされる場合もあるが、死刑の適用は裁量的なものであり、適用が拡張される場合も縮小される場合もありえるため、必ずしもそうとは言い切れない。なお死刑制度が廃止されている国の場合には死刑復活問題となるが、現在では、その復活する理由として、凶悪犯罪に対する抑止力として主張される。 なお、死刑制度に対しては、存置派と廃止派の双方の主張が激しく対立している問題であるため、この項目では双方の立場からの記述を行っているが、いずれかの主張が絶対的に正しいか否かの判断をするものではない。

    テーマ投稿数 34件

    参加メンバー 14人

  • サッカーウズベキスタン代表

    サッカーウズベキスタン代表

    サッカーウズベキスタン代表は、ウズベキスタンサッカー協会(UFF)によって編成されるサッカーのナショナルチームである。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • サッカーアラブ首長国連邦代表

    サッカーアラブ首長国連邦代表

    サッカーアラブ首長国連邦代表は、UAEサッカー協会(UAEFA)によって編成されるサッカーのナショナルチームである。一般にはUAE代表の呼称が定着している。 1990年のイタリアW杯に出場、グループリーグでコロンビア、西ドイツ、ユーゴスラビアと対戦したが1勝も挙げられないまま1次リーグで敗退している。 しかし、アジアカップでは1992年大会で4位、1996年大会で準優勝を果たすなど中東の代表チームとして存在感を発揮している。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 感謝状

    感謝状

    感謝状(かんしゃじょう)とは、部外者による協力、民間人の善意や協力に感謝の意を表し、社会的に表彰するために贈呈する書状のことをいう。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • サッカーロシア代表

    サッカーロシア代表

    サッカーロシア代表(Сборная России по футболу)はロシアサッカー連盟(RFU)によって編成されるロシアのサッカーのナショナルチームである。

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 1人

  • 土砂災害

    土砂災害

    土砂災害(どしゃさいがい)とは、土砂の移動が原因となる自然災害をいう。 集中豪雨などを原因として発生する土石流、地すべり、がけ崩れ(急傾斜地崩壊ともいう)などが該当する。 山地などの森林内で発生するものについては、山地災害と言い分ける。 道路や住宅地などの人為的に造られた法面は、土砂災害に分類しないことが多い。 保全対象に応じて治山・砂防事業などによる防災対策が進められているが、依然として発生数は年間500〜2,000箇所(気象条件により著しく増減する)と多く、死者も10人前後発生している。 海外では、日本と同様に急峻な国土を持つ、インドネシア、ネパールなどでも多数発生しており、年間1,000人程度の死者を出すこともある。日本の技術支援により対策を進められている。

    テーマ投稿数 949件

    参加メンバー 32人

  • 洪水

    洪水

    洪水(こうずい)とは、大雨・融雪が原因で河川の増水・氾濫により引き起こされる自然災害(天災)の一種である。洪水等により、もたらされる被害を総称して水害と呼び、これを制御することを治水と呼ぶ。

    テーマ投稿数 93件

    参加メンバー 29人

  • 天然ダムと災害

    天然ダムと災害

    天然ダム(てんねんダム)は、土砂などが河川に流れ込み川を堰き止める現象 及び その結果形成された地形のこと。 多くの場合は形成後、数時間〜数日で崩壊するが、規模が大きい場合には河道を完全に閉塞して湖沼を形成することもある。このような永続的なものは堰き止め湖(せきとめこ)と呼ぶ。 2004年10月23日に発生した新潟県中越地震では、新潟県古志郡山古志村を流れる芋川流域などでこの現象が発生した。天然ダム(てんねんダム)という言葉は学術用語として広く使われ、日本の国土交通省でもこの表記を採用していたが、この表現が「美しい印象を与えてしまう恐れがあり、被災者の心情にそぐわない。」として、同年11月12日、日本の国土交通省はこの現象の表記を河道閉塞(かどうへいそく)に改めることにした。 マスコミなどの報道では(特に新潟県中越地震以降)、地震湖、地震ダム、震災湖、震災ダム、土砂崩れダム、土砂ダム、災害ダムなど、発生原因による表現方法や単に異なった表現方法が用いられることが多い。(用語の統一は図られていないようで、報道機関によって表現はまちまちであるのが現状である。) 2008年に発生した中国の四川大地震や岩手・宮城内陸地震で話題となっている。

    テーマ投稿数 69件

    参加メンバー 7人

  • 日中平和友好条約

    日中平和友好条約

    日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約(にほんこくとちゅうかじんみんきょうわこくとのあいだのへいわゆうこうじょうやく)とは、1978年8月12日、日本の東京で日本国と中華人民共和国との間で締結された条約である。 一般に日中平和友好条約で知られる。 1972年の日中共同声明を踏まえて、日本と中国の友好関係の発展のために締結された条約である。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 3人

続きを見る

続きを見る

続きを見る