searchカテゴリー選択
chevron_left

「ニュース」カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

話題のニュース トップ

TOP help

注目ハッシュタグ

inkrich「誰でも」と「簡単」と「更新」を3つ集めて合体させて『inkrich』を作りたいんですよぉ〜

続きを見る

続きを見る

続きを見る

続きを見る

続きを見る

  • リトビネンコ事件

    リトビネンコ事件

     2006年、英国で起きた元ロシア秘密情報機関員、アレクサンデル・リトビネンコ氏の毒死事件は、今なお謎が多うございます。この複雑な事件について語るコミュニティを新設しました。

    テーマ投稿数 25件

    参加メンバー 1人

  • 自殺(を防ぐ〜避けるには?)

    自殺(を防ぐ〜避けるには?)

    自殺(じさつ)は、自ら自分の生命を絶つ行為である。

    テーマ投稿数 44件

    参加メンバー 18人

  • 自殺系サイト(死んじゃダメだよ)

    自殺系サイト(死んじゃダメだよ)

    自殺系サイト(じさつけいサイト)は、自殺願望者ないし自殺に興味を持っている人が集うネット上のウェブサイト。

    テーマ投稿数 21件

    参加メンバー 4人

  • モラル・パニック

    モラル・パニック

    モラル・パニック(Moral panic 、道徳パニック、道徳恐慌)とは、ある種の文化的行動(多くの場合サブカルチャーに属する)や、ある種の人々(多くの場合、社会的・民族的マイノリティに属する)に対して、世間一般の間に「彼らは道徳や常識から逸脱し、社会全般の脅威となっている」という誤解や偏見、誇張された認識が広がることによって社会不安が起こり、これら「危険な」文化や人々を排除し社会や道徳を守ろうとして発生する集団パニックや集団行動である。

    テーマ投稿数 640件

    参加メンバー 19人

  • 事なかれ主義

    事なかれ主義

    事なかれ主義(ことなかれしゅぎ、事勿れ主義)とは、解決すべき問題が発生しているのにそれを避けたり、見て見ぬふりをしたりして係わり合いになるのを避け、問題を放置する消極的な考え方。平穏無事に物事が済めば良いという考え方なので、多数決などを取るときは、多数の意見に賛成することが多い。 官僚制組織などでは、収益が上がらないなどの問題が発生しても倒産しない場合があり、問題解決による成果より、波風を立てた事によって問題解決を推進した人物が問題視され処罰される傾向があるといわれる。その結果、問題が放置され易いという問題点がある。 日本においても空前の財政赤字や北朝鮮問題の悪化の背景には官僚社会の事なかれ主義があると指摘する者もおり軽視しえぬ問題になって来ている。明治以来大きな変革のなかった官僚組織・人事評価制度の制度疲労を指摘する者もいる。

    テーマ投稿数 196件

    参加メンバー 27人

  • テレビ離れ

    テレビ離れ

    テレビ離れ(テレビばなれ)とはテレビの視聴習慣を持たなくなることを言い、そのような国民の傾向を指す言葉である。

    テーマ投稿数 57件

    参加メンバー 5人

  • プレスリリース

    プレスリリース

    プレスリリースに関することなら、どんなことでもOKですので お気軽にトラックバックやコメントしてください。

    テーマ投稿数 16件

    参加メンバー 7人

  • 代替ニュース

    代替ニュース

    マスコミが伝えない重要ニュース

    テーマ投稿数 99件

    参加メンバー 4人

  • 有事(危機管理)

    有事(危機管理)

    有事とは戦争や事変、武力衝突、大規模な自然災害などの国家にとって非常事態が起こることであり、軍事的危機だけでなく、経済危機、人為的大事故、自然災害、社会的大事件などの総合的な言い方であり、その中でも主に犠牲者数百人以上の大惨事を伴う事件事故やNBC兵器等によって数十人以上死亡するような緊急の事態を総じて「有事」と呼ぶ。 もしもの???UFO〜宇宙人の襲来も有事であると過去〜石破茂防衛大臣が記者会見で備えるべき有事として発言した事があります。

    テーマ投稿数 114件

    参加メンバー 16人

  • 第一第二列島線(中国海軍の防衛ライン)

    第一第二列島線(中国海軍の防衛ライン)

    第一列島線(だいいちれっとうせん)および第二列島線(だいにれっとうせん)は、中国の軍事戦略上の概念のことであり、戦力展開の目標ラインであり、対米防衛線である。 もともとは1982年にトウ小平の意向を受けて腹心の劉華清提督(1997年まで中央軍事委員会副主席)が打ち出した人民解放軍近代化計画のなかの概念だが、最近外交事情変化によって特に更に重視される様になった。すなわち、1990年代までは、広大な国境線を接していたソ連への備えから、中国人民解放軍は陸軍を中心として組織されており、海軍は、沿岸防備を行う程度の沿岸海軍であったが、冷戦が終結してソ連が崩壊し、東欧同盟国を失ったロシアが中国との関係改善に動き国境問題が解決した結果、中国人民解放軍の課題は台湾問題となり、一方で、第二次天安門事件や台湾海峡危機の結果、中国人民解放軍の第一潜在仮想敵国はロシアから台湾を支援する米国に変わったからである。1993年には、李鵬首相が人民代表会議で「防御の対象に海洋権益を含める」と表明した。1997年に石雲生が海軍司令に就任すると、沿岸海軍から「近海海軍」への変革を本格化させた。その中で打ち出された「海軍発展戦略」の中でも、第一列島線および第二列島線の概念が強調された。 法制面では、1992年に、尖閣諸島、西沙諸島、南沙諸島を中国の領土であると規定した「領海法」を施行し、1997年には、国防の範囲に海洋権益の維持を明記した「国防法」を施行、さらに現在、国家海洋局が中心となって、島嶼の管理を強化する「海島法」の立法作業を進めている。

    テーマ投稿数 21件

    参加メンバー 4人

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー