航空幕僚長の更迭と、「侵略戦争」

航空幕僚長の更迭と、「侵略戦争」
テーマ名
航空幕僚長の更迭と、「侵略戦争」
テーマの詳細
朝のテレビで、「日本を侵略国家だというのは、濡れ衣だ。」という趣旨の論文を書いたとして、航空幕僚長が更迭された、と報じていました。 夕方までにはどうなるかな、と思っていましたが、全くの予想の範疇で、またかという感じでした。野党が批判し、中韓の反応を紹介する、そして個人攻撃と更迭という内容です。 私は、今後もこの種の問題は、なくならないと思っています。 歴史、ましてや戦争の原因や経過などは、単純であるはずがなく、あれかこれかの○×式の答え方はなじまない、と考えます。 初めから結論の固った者同士の議論は、深まるはずも無く、政局に利用されることもしばしばです。 以前、私の知人で、日本語も悠長に話し、見識もある在日韓国人が、講演で次のように話したことがあります。 「日本は、アジアに対しては謝罪する必要があるだろうが、ヨ−ロッパに対しては謝罪する必要はない。・・ヨ−ロッパもアジアに侵略したのだから。」 この内容は、極めて妥当と考えます。 日本人の中には、「日本は被害者なのか、加害者なのか。」という疑問と、わだかまりが交錯していると言われます。 被害者というのは、他国侵略ということを、日本よりも長期にわたり、しかも全世界的規模で先にやった、そのあんた(米欧)に言われる筋合いはない、負けたばかりに、一方だけが悪者にされた・・、ということです。これは、そのとおりでしょう。 この種の問題を考える場合には、米欧に向かう観点と、アジアに向かう観点を、区別していかなければならないと思います。 米欧と日本の違いは、日本だけが謝罪したことです。 米欧が、侵略行為を謝罪することは、まずは考えられません。もし謝罪したら、世界的大混乱になるでしょう。(その先はわかりません) 謝罪も、いわゆる「普通の国」にとっては、「国益第一主義」という考えからは切り離せない、というのが現実なのです。
テーマ投稿数
35件
参加メンバー
9人
管理人
まさむね管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「航空幕僚長の更迭と、「侵略戦争」」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「航空幕僚長の更迭と、「侵略戦争」 ニュースブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

航空幕僚長の更迭と、「侵略戦争」の記事

1件〜50件

カテゴリー一覧
商用